特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

センバツ・夢へ続け!

柴田 選手紹介/6止 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上部祐斗選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影
上部祐斗選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影

打撃力大幅アップ 上部祐斗左翼手(2年)

 センバツに同時出場する甲子園常連校の仙台育英に公立校で勝ちたいと柴田へ進学。昨秋の公式戦は出場機会が無かったが、平塚監督は「この冬で打撃力が大幅に向上した」と努力を評価する。

 ティーバッティングで低めに投げてもらうなどして、振らされることが多かった低めの変化球を見極められるように意識してきた。センバツでは公式戦初出場を目指し、「チャンスに出番が回ってきたら一本打ちたい」と張り切っている。

勇気与える試合を 松田世南右翼手(1年)

松田世南選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影
松田世南選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影

 俊足と安定した守備が身上。秋の大会では10試合に出場し、14打数5安打3打点とチームの勝利に貢献した。センバツでは私学の強豪校にも実力が劣っていないことを証明し、「(試合を)見ている人たちに勇気を与えられるような良い試合がしたい」と話す。

 この冬はウエートトレーニングに力を入れて体重が増え、「スイングスピードも上がった」と手応えを感じている。好きな言葉は威風堂々、将来は経済学を学びたいという。

強豪校と戦いたい 亀山天馬中堅手(1年)

亀山天馬選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影 拡大
亀山天馬選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影

 強肩の外野手。三塁コーチャーも務める。元メジャーリーガーのイチローさんに憧れて野球を始めた。

 秋の大会は出場機会がなく、先輩たちの活躍をベンチから見守った。「何もできなかったので、少しでも力になりたい」と冬場は筋力アップに励んだ。

 好きな言葉は、縦横無尽。センバツで対戦したい選手には、大阪桐蔭の最速150キロ左腕・松浦を挙げ、「全国に名が知れ渡る強豪校のエースとぜひ対戦してみたい」。=おわり

あわせて読みたい

注目の特集