特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

挑戦の春・’21センバツ専大松戸

第5部 選手紹介/2 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山口颯大内野手=千葉県松戸市串崎新田の専修大松戸高校野球部グラウンドで2021年2月23日、長沼辰哉撮影 拡大
山口颯大内野手=千葉県松戸市串崎新田の専修大松戸高校野球部グラウンドで2021年2月23日、長沼辰哉撮影

不調脱しスイング向上 山口颯大内野手(2年)

 山口颯大(そうた)内野手(2年)は2020年秋の関東大会でクリーンアップを任された。同大会や県大会では力強いスイングでチーム上位の9打点を挙げた。

 しかし今年1月下旬、「もっと打ちたい」という焦りの気持ちから力が入り、思うようなバッティングができなくなった。スランプを脱したのは突然のこと。2月上旬の紅白戦で、思い切りバットを振り抜くと、センター方向に高く上がったボールはフェンスを越えた。

 その後、スイングも良くなっていった。「初戦の相手も決まり、緊張もあるが楽しみ」とセンバツ本番が待ちきれない。

 印西市の本埜中出身。学校まで20分かけて自転車で通い、毎日地元の住民たちに「いってらっしゃい」と声をかけられ通学した。センバツ出場が決まると地元の友人たちから応援のメッセージが届いた。「ホームランを打ってヒーローになりたい」と抱負を語る。

練習後しっかり反復学習 岡本陸投手(2年)

岡本陸投手=千葉県松戸市串崎新田の専修大松戸高校野球部練習グラウンドで2021年3月6日、長沼辰哉撮影 拡大
岡本陸投手=千葉県松戸市串崎新田の専修大松戸高校野球部練習グラウンドで2021年3月6日、長沼辰哉撮影

 岡本陸投手(2年)は2020年の秋季県大会、関東大会で4試合に登板した。4試合を通じて、失点5、四死球3と安定感があり、「落差の大きいフォークなどの変化球が持ち味」と自身を分析する。

 中学3年の時、専大松戸の練習を見学中にキャッチボールをしていると、持丸修一監督から投げ方を教えられた。「ここで育ててもらいたい」と専大松戸に入学した。

 練習が終わると、その日の練習内容や試みたことをノートに記録している。チーム全員で共有している「野球ノート」にメモを残すこともある。帰宅後はスマートフォンで動画を見ながら投球フォームを研究する。

 得意科目は英語。分からないことを習得した後は十分に反復している。「勉強も野球と同じ」。プロ野球選手や、「英語を使って世界の人と話す仕事」が将来の夢だ。「センバツではコントロール良く投げて、チームの目標達成に貢献したい」=つづく

あわせて読みたい

注目の特集