特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

春に挑む・東海大菅生センバツへ

選手紹介/16 岩田一真内野手(2年) 地道に磨き光る守備 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東海大菅生の岩田一真内野手(2年)=林田奈々撮影 拡大
東海大菅生の岩田一真内野手(2年)=林田奈々撮影

岩田一真(かずま)内野手(2年)

 ショートの守備は鉄壁で、観客を驚かすビッグプレーも見せる。

 「基本的なプレーが簡単に見えて一番難しい。アウトにできるものを100%アウトにする。ファインプレーはその先にあるおまけ」と考える職人肌だ。ひたすらゴロを捕球する地道な練習の繰り返しで腕を磨く。

 秋季都大会準々決勝日大二戦の八回、同点に追いつかれ、なおも続くピンチ。レフトに抜けそうなゴロを飛びついて止め、走者をアウトにしてチームを救った。

 試合に出れば内野の要として、場面に合わせて守備位置を指示する。俊足も光る。秋季都大会では6試合に出て7盗塁を決めた。準決勝の関東一戦では2盗塁して、いずれも得点につなげた。

 憧れる先輩がいる。2017年、夏の甲子園でベスト4になったチームのショート、田中幹也さん(亜細亜大)だ。「今も自分の理想。全然かなわないけど、少しでも追いつけるように」【林田奈々】=随時掲載


 「日本一のショートになる」。右投げ右打ち。169センチ64キロ。

〔都内版〕

あわせて読みたい

注目の特集