接待問題 首相長男招致、与党拒否 民間人理由 「最終防衛ライン」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で答弁中に陳謝する谷脇康彦氏(右)。手前左は菅義偉首相=国会内で2021年3月8日午後4時52分、竹内幹撮影
参院予算委員会で答弁中に陳謝する谷脇康彦氏(右)。手前左は菅義偉首相=国会内で2021年3月8日午後4時52分、竹内幹撮影

 総務省幹部がNTTや放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らから接待を受けていた問題で、与党は8日、野党が求めるNTTの澤田純社長の国会招致を受け入れたが、正剛氏の招致は、民間人であることを理由に応じなかった。与党は首相直結の問題となることを懸念して、正剛氏の招致を「最終防衛ライン」と位置付けて拒否し続け、他の要求では譲歩する構えだ。

 自民党の末松信介参院国対委員長は8日、立憲民主党の難波奨二参院国対委員長と国会内で会談した。末松氏は会談後、記者団にNTT社長の参考人招致を容認したことを明かしたが、一方で、正剛氏と東北新社の子会社「東北新社メディアサービス」の木田由紀夫前社長の招致は「今のところは念頭にない」と否定した。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1033文字)

あわせて読みたい

注目の特集