特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 無観客でも大会白熱 ゴールボール 代表へ猛烈アピール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゴールボールのルール
ゴールボールのルール

 新型コロナウイルスの感染拡大でパラスポーツ界も大会の中止が相次いでいるが、視覚障害者がプレーするゴールボールの日本代表が出場する「ジャパンパラ大会」が2月6、7日、千葉市の千葉ポートアリーナで開催された。無観客ながら、パラリンピックの団体競技で日本代表の試合が公開されたのは、コロナ下で初めてとなり、会場は熱気に包まれた。【谷口拓未】

 静寂の体育館で、バスケットボールとほぼ同じ大きさのボールが素早く行き交う。アイシェード(目隠し)を装着した選手たちは、まるでボールが見えているかのように動き、体を投げ出してボールを止め、それを素早く投げ返す。ゴールが決まり、「よーし」と雄たけびを上げる姿は、非公式な紅白戦だったものの真剣勝負そのものだった。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1736文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集