特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

1200人が福島・双葉から埼玉・加須へ 走りながら考えた避難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
避難所の教室には畳が敷かれ、パイプベッドが並んでいた=埼玉県加須市の旧騎西高校で2013年5月31日、橋本政明撮影
避難所の教室には畳が敷かれ、パイプベッドが並んでいた=埼玉県加須市の旧騎西高校で2013年5月31日、橋本政明撮影

 東京電力福島第1原発事故による全町避難が唯一続く福島県双葉町。町民らは震災直後、埼玉県加須市騎西の旧騎西高校に役場ごと避難し、2013年末まで最大約1400人が身を寄せた。前例のない集団避難に、県や加須市、教育関係者、そして避難した当事者らはどう対応したのか。教訓を生かそうと、交流や語り継ぎの活動を続ける関係者を訪ねた。【岡礼子】

この記事は有料記事です。

残り1699文字(全文1866文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集