特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

ドローンのカメラがとらえた東北の被災地は 東日本大震災10年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災から10年。人々の住まいや暮らしはどう変わり、原発事故からの回復や産業復興はどこまで進んだのか。東北各地の現状をドローン搭載のカメラでとらえた。【写真映像報道センター】

岩手・陸前高田の大規模かさ上げ事業

 造成された広大な更地にぽつんとたたずむ一棟の古いビルがある。中心市街地で海抜約10メートルの大規模なかさ上げを実施した岩手県陸前高田市。2020年に宅地造成がすべて完了し、新たな街が築かれた。そんな市の中心部から望める場所に、津波被害の痕跡をとどめる「米沢商会ビル」がある。包装資材販売業の米沢祐一さんは津波が来襲した時、高さ約14メートルのビル最上部にある煙突にしがみついて助かった。両親と弟はビルで直前まで一緒だったが、すぐ近くにあった市民会館に避難したところで犠牲になった。米沢さんは「命を助けられ、家族との思い出もある建物を壊したくない」と保存を決意。今では周囲に被災当時の面影がなくなり、「残して良かった」との声が市民から頻繁に寄せられるという。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1384文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集