東日本大震災

犠牲者を追悼 宗教者が行脚 南三陸 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防潮堤の上を歩きながら祈りをささげる追悼行脚の参加者=宮城県南三陸町戸倉で2021年3月9日、滝沢一誠撮影
防潮堤の上を歩きながら祈りをささげる追悼行脚の参加者=宮城県南三陸町戸倉で2021年3月9日、滝沢一誠撮影

 東日本大震災で大きな被害が出た南三陸町で9日、犠牲者を慰霊する追悼行脚が実施され、各宗教・宗派の宗教者が海や慰霊碑、震災遺構に向かって祈りをささげた。

 追悼行脚は、被災者の悩みを聞く傾聴喫茶「カフェ・デ・モンク」を開いてきた通大寺(栗原市)の金田諦応住職(64)が震災の「四十九日」から不定期に開催…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

注目の特集