特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・母校をたずねる

鎌倉学園高/5 大阪市立大教授 除本理史さん /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=大阪府内で
=大阪府内で

原発被害風化させない 大阪市立大教授 除本理史さん=1989年度卒

 大阪市立大教授(環境政策論)の除本理史さん(49)=1989年度卒=は2011年の東京電力福島第1原発事故後、福島に何回も足を運んで生活被害を調査し、それまでの公害研究の知見を生かして賠償問題に取り組んできました。東日本大震災から間もなく10年。「全国的に原発事故への関心が薄れているが、風化させてはいけない」と強く訴えています。【高田奈実】

 鎌倉学園には学識豊かで変わった先生がたくさんいました。古文の池上文男先生は学者肌で本の虫で、授業中に自身の研究の「成果」を披露するようなおもしろい人でした。大学進学後も一緒に飲みに行きましたね。私立の中高一貫校なので先生方との関係は濃かったです。

この記事は有料記事です。

残り1915文字(全文2244文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集