特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 県岐阜商、登録選手18人を発表 背番号1人ずつ読み上げ /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鍛治舎巧監督(手前右)の話を真剣な表情で聞く県岐阜商の選手たち=岐阜市則武新屋敷の県岐阜商屋内練習場で2021年3月8日、熊谷佐和子撮影 拡大
鍛治舎巧監督(手前右)の話を真剣な表情で聞く県岐阜商の選手たち=岐阜市則武新屋敷の県岐阜商屋内練習場で2021年3月8日、熊谷佐和子撮影

 <センバツ高校野球>

 19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する県岐阜商(岐阜市則武新屋敷)では8日、武本哲副部長が部員に対し、センバツの出場登録選手と背番号を言い渡した。

 練習を終えた午後7時過ぎ、同校屋内練習場に選手が集まった。武本副部長が登録選手18人の背番号と、宿舎に入る補助員ら13人の名前を、1人ずつ読み上げた。名前を呼ばれた選手は真剣な表情で「はい」と返事をした。背番号1番を言い渡された野崎慎裕(のりひろ)投手(2年)は「体の調子はずっと良い。1番として甲子園で投げるのが楽しみ」と話した。

 県岐阜商の初戦は22日の第1試合で、市和歌山(和歌山)と対戦する。相手は最速152キロの小園健太投手を擁する。小園投手対策として、県岐阜商は155キロのマシンの球を打つ練習に励んできた。鍛治舎巧監督(69)は選手たちを「打撃練習から一球一球、打ち崩すつもりで取り組もう」と鼓舞した。

 登録メンバーは大会直前まで変更可能だが、メンバー間の背番号の入れ替えはできない。【熊谷佐和子】


県岐阜商登録メンバー(数字は背番号)

 1 野崎慎裕(2年)

 2 高木翔斗(2年)

 3 梅村豪(2年)

 4 山本晃楓(2年)

 5 宇佐美佑典(2年)

 6 湊将悟(2年)

 7 広部嵩典(2年)

 8 中西流空(2年)

 9 伊藤颯希(1年)

10 松野匠馬(2年)

11 大島成憧(2年)

12 行方丈(2年)

13 古賀太智(2年)

14 石原英弥(2年)

15 加納充翔(2年)

16 内藤大輔(1年)

17 後藤耀介(1年)

18 小西彩翔(1年)

あわせて読みたい

注目の特集