特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 豊島将之竜王-佐藤康光九段 第37局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

難しいが厳しいに

 「やれるかと思った」と自信ありの佐藤。一方、豊島は悪いとは思っていなかった。有利とまではいかないが難しいと思っていた。

 [後]3六桂に豊島が考慮中、御下段の間に複数の記者が入ってきた。稲葉八段―斎藤八段戦が終局したらしい。ふすまが閉められているため詳しくはわからないが、斎藤がインタビューを受けているようだ。豊島は斎藤が勝ったような雰囲気を感じていた。これで自身が敗れると挑戦は消える。

 崖っぷちの豊島。[後]4七歩と打たれて、難しいが厳しいに変わった。佐藤も次の[後]5七歩成で「決まったような気がした」。ここで双方の見解が一致した。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文826文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集