特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

漂流の果て

菅直人氏が語る再生エネルギーの可能性「脱炭素を口実にするな」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える菅直人元首相=2021年1月26日、高橋祐貴撮影
インタビューに答える菅直人元首相=2021年1月26日、高橋祐貴撮影

 東京電力福島第1原発事故当時の首相だった菅直人・立憲民主党最高顧問(74)が、東京電力を破綻処理させなかった理由や再生可能エネルギーの主力電源化に向けた考えを語った。

 ――事故後、東電を破綻処理させませんでした。国が直接、廃炉や賠償に加えて除染作業や除染土などの中間貯蔵にも全責任を果たす体制を構築すべきではないかとの意見も根強く残っています。

 ◆東電を破綻処理する選択もあり得たが、そうすると被害者への損害賠償や廃炉などの責任を国が直接負うことになり、事実上、東電が免責されてしまう。日本の歴史を振り返ると、同じような大地震や津波が何度か起きているのに、それに備えた対策を怠った東電に事故の一次的責任があることは明らかだ。まずは国ではなく、東電が責任を果たすべきだと考えた。破綻処理にはしなかったが、原子力損害賠償・廃炉等支援機構(原賠機構)が東電の株の半分以上を持つなど、実質的に国のコントロール下にある。

 ――事故後、中部電力に対して浜岡原発(静岡県)の停止を要請しました。その経緯は?

 ◆浜岡原発は想定されている東海地震の震源地のほぼ真ん中に位置し、東日本大震災のような大きな被害が起きてもおかしくはなかった。当時の海江田万里経済産業相が2011年5月に浜岡原発を視察した後、中部電力に対して原発の停止を要請すべきだと私に訴えてきて、停止要請の判断に至った。この視察は、…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1986文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集