高市早苗氏と野田聖子氏、総務相在任中にNTT側と会食 文春報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
総務省が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で2020年9月23日、尾籠章裕撮影
総務省が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で2020年9月23日、尾籠章裕撮影

 NTTによる総務省幹部らへの高額接待を巡り、総務省の政務三役も在任中や退任後にNTT側と会食していたと週刊文春電子版が10日報じた。文春によると、自民党の高市早苗衆院議員と野田聖子幹事長代行が総務相在任中にそれぞれ2回会食。副総務相在任中に坂井学官房副長官と寺田稔副幹事長がそれぞれ1回会食した。在任中の関係業者との会食は、政務三役が供応接待を受けることを禁じた大臣規範に抵触する可能性もある。

 文春は「NTT内部告発者」から資料を入手したとしている。新藤義孝、佐藤勉両元総務相ら政務三役経験者を含めると過去7年間で計15人、延べ41件に上る会食があったとした。いずれもNTTグループの関連会社が運営するレストランで、多くは酒代を含めて1人当たり3万~5万円だったという。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集