特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

震災から10年 進歩を続ける「緊急地震速報」何が変わったの?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急地震速報の改良を知らせる広報ポスターの一部=気象庁のウェブサイトから
緊急地震速報の改良を知らせる広報ポスターの一部=気象庁のウェブサイトから

 地震発生時に、強い揺れが来る前に警報を出す緊急地震速報。2007年に始まったが、11年の東日本大震災では、震度が過小に予測されて関東地方に警報が出ず、精度面の課題が表面化した。あれから10年。精度の改良に加え、活用も進んでいる。

 緊急地震速報は、最大震度5弱以上と想定される地震が発生した時に、気象庁が震度4以上で揺れそうな地域にテレビや携帯端末経由で警報を流す。基本的な仕組みは、2種類ある地震波の速度の違いを利用している。

 弱い揺れの「P波」は秒速約7キロで、英語で「最初の」を意味するPrimaryから名付けられている。一方、強い揺れの「S波」は秒速約4キロ。SはSecondary(2番目の)の頭文字だ。震源近くの地震計がP波を感知し、速やかに警報を出すことで、遅れてやってくるS波の強い揺れへの備えを促す。

 地震計による観測網は近年海洋にも拡大。海溝型地震の発生を地上より早く感知できるため、より早く正確な警報が可能になった。

 日本の防災研究の拠点、防災科学技術研究所…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1791文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集