特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「思い吐き出す機会も必要」福島から避難 京都で支援の女性

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都に避難して以来、続けてきた避難者支援活動を振り返る斉藤夕香さん=京都市下京区で2021年3月5日午後2時19分、添島香苗撮影
京都に避難して以来、続けてきた避難者支援活動を振り返る斉藤夕香さん=京都市下京区で2021年3月5日午後2時19分、添島香苗撮影

 2011年3月11日。この日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故が発生した。そして10年後の今、京都府によると、震災や事故で避難してきた161世帯計338人(21年2月末現在)が府内で暮らす。福島市飯野町から子ども3人と避難し、避難者の支援活動に当たる斉藤夕香さん(48)=京都市伏見区=も、その一人だ。

 地震発生時は保険の営業中だった。車を福島市内中心部にあるコンビニの駐車場に止めていた時、強い揺れに襲われた。恐怖で涙を流しながらも、土砂崩れが起きたり信号機が止まったりしていた道を避けて車を運転し、約20キロ離れた自宅に到着。夫は単身赴任で中国におり、4人の子どもと両親、自宅は無事だった。

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1578文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集