発熱の出席停止理由を一律「コロナ疑い」 福井・藤島高の調査書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学校の教室(写真はイメージ)=ゲッティ
学校の教室(写真はイメージ)=ゲッティ

 福井県立藤島高校(福井市)が、今春の大学入試で受験生が進学希望先に提出した調査書で、発熱などがあった生徒を出席停止にした理由を一律で「コロナ感染症疑い」と表記していたことが10日、同校への取材で分かった。実際の感染者はいなかった。

 受験時に大学側から言及された生徒から困惑の声が寄せられているといい、同校は「今後は適切な表記に改める」としている。

 同校によると、新型コロナウイルス対応として文部科学省や県教育委員会からの通達に基づき、発熱などの症状がある生徒は「欠席」ではなく「出席停止」扱いとしてきた。その際、出席停止の理由を「コロナ感染症疑い」とし、調査書にも同様の記載をしたという。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文488文字)

あわせて読みたい

注目の特集