特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

原発事故後の食品輸入規制、今も42の国・地域で 動き鈍い東アジア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外務省=米田堅持撮影
外務省=米田堅持撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴い、近隣国を中心に導入された東北産などの農林水産物や食品への輸入規制が、10年を経た現在も続いている。日本政府は科学的根拠に基づかない風評被害として撤廃を求めてきたが、特に厳格な輸入停止措置を取る中国や韓国などの緩和の動きは鈍く、近隣では固定化しかねない懸念もある。

 輸入停止措置を取るのは中国、香港、マカオ、台湾、韓国の5カ国・地域。ほかに米国や欧州連合(EU)の27カ国など計37カ国・地域は、検査証明を求めるなど規制措置を取る。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文987文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集