連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

認知症のリスク、新報告書 大気汚染や頭部外傷も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
横浜市立脳卒中・神経脊椎センターの秋山治彦・臨床研究部長=同センター提供
横浜市立脳卒中・神経脊椎センターの秋山治彦・臨床研究部長=同センター提供

 英医学誌ランセットの委員会が、生涯にわたって影響を及ぼしうる「認知症のリスク要因」の新たな報告書をまとめた。先進国だけでなく、これから高齢化社会を迎える発展途上国も念頭に置いた。若い時期の教育を充実させ、難聴や高血圧、頭部外傷や大気汚染の影響を減らす施策を促す内容。生活習慣病にも関係する喫煙や過度の飲酒、運動不足への注意も呼び掛けた。専門家は「認知症に限らず健康で上手に年を取るためのヒントが示されている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1438文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集