連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

相続した実家の売却、税金が心配

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q 相続した実家の売却、税金が心配

 相続した実家の売却を考えていますが、税金がかかるのか、どれぐらいになるのか、気がかりです。すでに相続税を納めており、その分を実家の取得に要した費用として換算できないのでしょうか。(60代、女性)

まずは売買契約書を探して

 A 不動産の売却で利益が出ると、譲渡所得税を課税されます。その利益は、(1)売却で得た収入から(2)不動産の取得費用と(3)売却費用(仲介手数料など)の合計金額を差し引いて計算されます。相続した不動産の場合、取得時期がかなり前で価格が低廉であったり、取得費用が不明で売却価格の5%相当額を充てたりして利益が大きくなるケースがあります。

 利益を適正に計算するためにも取得価格の根拠となる売買契約書を探し出すのが一番なのですが、あいにく見つからない場合には以下のような特例措置を受けられるケースがあります。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集