東日本大震災

「レスキューBOX」で災害に備え イバライガーがPR 防災グッズ8種類、セットに /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レスキューBOXをPRするご当地ヒーローのイバライガー=茨城県庁で2021年3月9日、鳥井真平撮影
レスキューBOXをPRするご当地ヒーローのイバライガー=茨城県庁で2021年3月9日、鳥井真平撮影

 東日本大震災から10年を前に、ご当地ヒーロー「時空戦士イバライガー」が9日、県庁を訪れ、オリジナル防災セット「1DAYレスキューBOX」をPRした。レスキューBOXがあれば、災害時に一人が24時間生き延びられるとして、イバライガーは「災害に備えてほしい」と呼びかけた。

 防災セットは7日から発売。保存食「備食ライス」や保存水、防寒用シート、簡易トイレ、防災用ライトなどの8種類の防災グッズをひとまとめにした。使用期限は5年間。イバライガーは記者…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集