特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 豊島将之竜王-佐藤康光九段 第37局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

豊島にチャンスか

 快調に進めてきた佐藤だが、図で再びビクッとのけ反った。「いやー、そっかー」と髪をかき上げる。「打たれてわかんなくなっちゃった」。[先]8三桂と攻めてくる手が読み筋だった。だがそれは[後]5八飛[先]6八桂に[後]5九飛成で後手がよさそうだ。佐藤は[後]8五飛と打ったが、豊島の指摘した[後]5九角のほうがまさった。以下[先]6八桂に[後]5七歩が厳しい。[先]同歩なら[後]同銀成で手が続く。「飛車は変でしたね」と佐藤は反省。

 予想外の手で佐藤を乱れさせた豊島。「ちょっとややこしくなったのかと」と希望が見えた。本譜の[後]5七歩に[先]同歩は[後]5九銀成[先]同角[後]6九角[先]同玉[後]8八飛成で後手優勢。豊島は手を抜いて[先]8六歩とした。チャンスは来たが豊島はここで持ち時間を使い切った。豊島は1分ギリギリまで考える。「50びょー、1、2……7、8」まで読まれてやっと手が伸びるため、時間切れになるのではとヒヤヒ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文728文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集