特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

コスモ石油火災爆発事故10年 現場指揮官、消火活動の経験を次世代へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
爆発し、炎上する千葉県市原市五井のコスモ石油千葉製油所のタンク=対岸の千葉市美浜区から2011年3月11日午後5時20分ごろ撮影
爆発し、炎上する千葉県市原市五井のコスモ石油千葉製油所のタンク=対岸の千葉市美浜区から2011年3月11日午後5時20分ごろ撮影

当時現場で指揮

 東日本大震災の発生から11日で10年を迎える。千葉県内では旭市を襲った津波などで22人が死亡(災害関連死含む)し、2人が行方不明となった。県内の最大震度は6弱(成田市、印西市)で、建物の損壊などで多くの負傷者が出た。また、東京電力福島第1原発事故などによる避難者が多く暮らしている。

 東京湾の空を赤く焦がした炎は、東日本大震災の被害の全容がつかめぬまま夜を迎えた多くの人々を動揺させた。発生から鎮火まで10日間を要したコスモ石油千葉製油所(市原市)の液化石油ガス(LPガス)の火災爆発事故で、消火活動にあたった同市消防局消防総務課長、天野正次さん(55)に当時の様子を聞いた。

 2011年3月11日午後3時15分、東日本大震災の余震とされる茨城県沖を震源とする地震が発生し、市原市では震度4を観測。その後、同製油所のガスタンクが倒壊し、漏れたガスに引火して火災が発生した。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文999文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集