徳島・勝浦でまた恐竜の化石発見 白亜紀前期の地層から2点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
獣脚類のものと見られる肢骨化石=徳島県立博物館提供
獣脚類のものと見られる肢骨化石=徳島県立博物館提供

 徳島県立博物館(徳島市)は11日、勝浦町にある白亜紀前期(約1億3000万年前)の地層から、獣脚類のものと見られる肢骨(しこつ)など、2点の恐竜化石が見つかったと発表した。これまでに町で見つかった恐竜化石は計16点となった。今回の化石は、4月23日から県立21世紀館(徳島市)で一般公開される。

 博物館によると、化石は2020年10、11月、勝浦町のボーンベッド(恐竜化石含有層)で発見された。一つは長さ約10センチ、幅約1…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集