特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東京都内でワクチンの2回目先行接種 医療従事者対象

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチン=AP
米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチン=AP

 東京都内の医療機関で11日、新型コロナウイルスワクチンの2回目の先行接種の様子が報道陣に公開された。

 先行接種は、コロナ患者を受け入れる100の医療機関のうち、患者に接する医療従事者ら約4万人を対象に、2月17日から始まった。米製薬大手ファイザー製のワクチンは3週間の間隔を空けて2回の接種が必要で、10日から一部の医療機関で始まっている。

 報道陣に公開された東京都目黒区の国立病院機構東京医療センターでは、800人が1回目の接種を終えており、54人が2回目の接種に臨んだ。同センターでは1回目の接種で全身性の急激なアレルギー反応である「アナフィラキシー」を発症した人はいなかったが、10人に頭痛、4人に37・5度以上の発熱があったという。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文531文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集