特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

被災地に思い寄せ黙とう 全国各地で震災10年の追悼式や集会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災から10年を迎え、完成した石巻南浜津波復興祈念公園の慰霊碑を訪れた夫婦。兄やおいが行方不明で、親族の他に顔なじみの近所の人や友人も犠牲になった。「もっと生きたかったよね。10年たっても悔しい」と語った=宮城県石巻市で2021年3月11日午後4時51分、佐々木順一撮影
東日本大震災から10年を迎え、完成した石巻南浜津波復興祈念公園の慰霊碑を訪れた夫婦。兄やおいが行方不明で、親族の他に顔なじみの近所の人や友人も犠牲になった。「もっと生きたかったよね。10年たっても悔しい」と語った=宮城県石巻市で2021年3月11日午後4時51分、佐々木順一撮影

 東日本大震災の発生から10年を迎えた11日、全国各地で追悼式や集会が開かれた。

新潟

 東京電力柏崎刈羽原発が立地し、震災直後に2000人超が避難してきた新潟県柏崎市では、被災者交流拠点「あまやどり」に自主的に集まった避難者ら約20人が、市の防災行政無線に合わせて1分間黙とうした。拠点は12日に閉鎖するため、最後の行事となる。

 福島県富岡町から避難した坂本百合枝さん(71)は「柏崎で友だちができて、一緒に旅行をしました。この10年で柏崎は第二の古里になりました」と話した。運営するNPO法人「地域活動サポートセンター柏崎」は、訪問活動などの支援を今後も続ける意向だ。【内藤陽】

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1326文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集