特集

ALL FOR 2020

東京オリンピック・パラリンピックの特設ページ「ALL FOR 2020 東京へともに歩む」では、五輪を目指すアスリートの情熱を紹介する「Passion」、彼らと共に歩み、そばで支える人たちを描く「Together」、さまざまな分野で活躍する人たちに大会への思いを聞く「東京・わたし」などを展開します。

特集一覧

Passion

陸上・橋岡優輝、両親おんぶスクワットで鍛錬 親子の絶妙な距離感

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2019年世界選手権の開幕を前に記者会見する橋岡優輝(中央)。手前は城山正太郎、奥は津波響樹=カタール・ドーハで2019年9月25日、久保玲撮影
2019年世界選手権の開幕を前に記者会見する橋岡優輝(中央)。手前は城山正太郎、奥は津波響樹=カタール・ドーハで2019年9月25日、久保玲撮影

 陸上の元有名選手を両親に持ち、「陸上界のサラブレッド」と呼ばれる男子走り幅跳びの橋岡優輝(22)=日大。2019年世界選手権でこの種目日本勢初の8位入賞を果たし、今夏の東京オリンピックではメダルを視野に入れる。成長の一因には「絶妙な親子の距離感」があった。

 新型コロナウイルスが感染拡大した昨春、国内外の大会が相次いで中止・延期に追い込まれ、東京五輪も延期となった。政府の緊急事態宣言が発令され、橋岡も日大のグラウンドが使えないなど練習に支障が出た。自宅などで練習を継続した中で行ったのが、両親をおんぶしてのスクワットだった。「最初に母、次に父と重りを変えるように乗ってもらった」。足腰の鍛錬は、親子の良い距離感を表すエピソードとなった。

 埼玉県出身。父・利行さんは日本選手権で7回優勝した棒高跳びの元日本記録保持者、母・直美さん(旧姓・城島)は100メートル障害などの元日本記録保持者だ。橋岡も日大1年時の17年日本選手権で初優勝を飾ると、18年はU20(20歳未満)世界選手権で金メダルを獲得した。19年は日本歴代2位の8メートル32を跳び、世界選手権ドーハ大会も8位入賞と世界の強豪の仲間入りを果たした。「両親から一番受け継いだもの…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1421文字)

【ALL FOR 2020】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集