特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 豊島将之竜王-佐藤康光九段 第37局の6

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

納得いかない

 詰むや詰まざるやの終盤戦が続く。後手がいいが少しでも間違えるとひっくり返る。だが秒を読まれながらも佐藤は無事逃げ切った。

 感想戦ではその終盤戦も細かく調べられた。[後]9九桂成に豊島は[先]同玉と応じたが、[先]同銀のほうがよかったか。以下[後]7八飛[先]8七玉[後]5八飛成[先]7一桂成[後]同銀[先]6八金とするのはどうか。

 または[先]5一飛で[先]5二飛はどうだろう。それも[後]7七とで後手優勢だが、実戦では[後]8八金としてしまうかもしれない。なぜなら佐藤は対局中に以下[先]9二角[後]同香[先]9一金[後]同玉[先]8三桂で詰みだと思っていたから。実際は[後]8一玉[先]7一桂成[後]同玉で詰まないのだが。実戦で指されたら時間もなく間違えていたかもしれない。結論として終盤では前譜で[後]8五飛でなく[後]5九…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文732文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集