特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

宮城から北海道、たった一人移住 イチゴ農家に 結婚、家族も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビニールハウスの前に立つ小野彰吾さん(上段左)と妻の美枝子さん(同右)。(下段左から)みちるさん、みすずさん、みのりさんの3人の娘を育てる=北海道伊達市東関内町で2021年3月11日午前10時42分、源馬のぞみ撮影
ビニールハウスの前に立つ小野彰吾さん(上段左)と妻の美枝子さん(同右)。(下段左から)みちるさん、みすずさん、みのりさんの3人の娘を育てる=北海道伊達市東関内町で2021年3月11日午前10時42分、源馬のぞみ撮影

 10年の節目を迎えた11日、北海道伊達市の旧関内小学校跡地に並ぶビニールハウスで、イチゴ農家の小野彰吾さん(31)が定植作業に汗を流していた。今年は冷え込んだ関係で、この日が初めての苗植え。「毎年この時期は作業が大変で震災を振り返ることもないけど、津波の映像を見るとあの日を思い出す」と語り、地震発生時間も淡々と作業を続けた。

 小野さんはイチゴの名産地・宮城県亘理町出身。祖父母がイチゴ農家で、物心ついた時から手伝ってきた。後を継ぎ、自分がメインで栽培しようと考えていた「あの日」。自宅でイチゴをパックに詰めていると、突然家全体が大きく揺れた。何が起きたか分からないまま、畑にいた祖父を車に乗せ、急いで母と3人で避難所に向かった。その後、津波が町をのみ込んだ。町の約半分が浸水し、250人以上が亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1619文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集