大阪大空襲から76年 91歳「最後の語り」活動半世紀で区切り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマートフォンでビデオ会議システムを使い、中学生に大阪大空襲の体験を語る久保三也子さん=大阪市福島区の自宅で2021年3月8日午後3時8分、園部仁史撮影
スマートフォンでビデオ会議システムを使い、中学生に大阪大空襲の体験を語る久保三也子さん=大阪市福島区の自宅で2021年3月8日午後3時8分、園部仁史撮影

 約4000人の命が奪われ、約50万人が家を失った第1次大阪大空襲から13日で76年。大阪市福島区の久保三也子さん(91)はこれまで小中学校などで600回以上、体験を語ってきた。しかし、高齢になり、病気もあって続けることが難しくなった。今年は、自身が代表を務めた「大阪大空襲の体験を語る会」の発足から50年の節目にあたる。「これで最後にしよう」。半世紀にわたる語り部の活動に区切りを付けた。

 「真夜中に火の滝が落ちてきて、B29が次から次へと上空を飛んでいた。91年の人生で一番記憶に残っているのはあの日のこと」。8日、久保さんは自宅でスマートフォンに向かって語りかけた。孫にビデオ会議システムでつないでもらったのは、大阪府大東市の四條畷学園中学校。画面の向こうで2年生157人が久保さんの「最後の語り」に静かに耳を傾けた。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1094文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集