特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

墓誌よ伝えてくれ 長男一家を捜せなかった無念を 災害の怖さを

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
津波で亡くなった長男公郎さん(写真内左端)一家の写真を見つめる佐藤俊一さん=福島県浪江町で2021年2月26日午後6時34分、渡部直樹撮影
津波で亡くなった長男公郎さん(写真内左端)一家の写真を見つめる佐藤俊一さん=福島県浪江町で2021年2月26日午後6時34分、渡部直樹撮影

 東日本大震災の発生から一夜明けた2011年3月12日の朝――。佐藤俊一さん(73)は福島県浪江町の山裾にある自宅から、長男一家を捜すために車で東へ向かった。この日の早朝、東京電力福島第1原発の10キロ圏内に避難指示が出され、対向車線は西へ向かう車で渋滞していた。海辺を見下ろす高台に着くと、がれきに埋もれた街が広がっていた。

 同居していた長男公郎(こうろう)さん(当時36歳)の妻真貴子さん(同37歳)は11日、自分の実家がある港町の請戸(うけど)地区にいた。真貴子さんは長男蒼斗(そうと)ちゃん(同4歳)を児童館に、次男朔斗(さくと)ちゃん(同8カ月)を実家に預け、海辺の職場にいたようだ。地震発生後、団体職員の公郎さんは町中心部の職場から請戸に駆けつけたとみられた。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1395文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集