萩生田文科相、教員免許更新制の見直しを諮問 廃止求める声も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
萩生田光一文科相
萩生田光一文科相

 萩生田光一文部科学相は12日、小中学校や高校などの教員に10年に1度の講習を義務づける「教員免許更新制」について、抜本的な見直しを議論するよう中央教育審議会に諮問した。2007年の教員免許法改正で導入されたが、現職教員の負担増や産休・育休の代替教員の不足につながっているとされ、廃止を求める声が出ている。

 中教審は教員の負担感などの実態を調べた上で、教員の質を維持しながら負担軽減を図るための制度改正を議論し、来年度のできるだけ早い時期に見解を取りまとめる。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集