サウナ問題で池田市長側が「犯人捜し」主導 職員「恐怖感じた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府池田市の冨田裕樹市長=平川義之撮影
大阪府池田市の冨田裕樹市長=平川義之撮影

 大阪府池田市の冨田裕樹市長が市役所内に家庭用サウナを持ち込んで使用していた問題で、発覚の端緒となった情報をマスコミに流したのは誰かという“犯人捜し”が市長側主導でされていた様子が12日明らかになった。この日の市議会百条委で関係者が証言した。情報を流したと疑われた職員は、市長の後援会長から電話で「市長ともども、あなたが情報提供者であると確信している」「『違う』と言い続けても、告訴などで元の生活に戻れない可能性もある」などと言われ「強く恐怖を感じた」と心情を吐露した。【三角真理】

 この日、元平修治副市長、秘書課職員らが証人喚問された。

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1362文字)

あわせて読みたい

注目の特集