連載

松沢一憲の新・Vライン

後半盛り返した馬に注目する「Vライン」を考案した松沢一憲さんによる予想。

連載一覧

松沢一憲の新・Vライン

中身の濃いJC5着 グローリーヴェイズ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪杯の前哨戦となった過去4回、連対馬は(1)(7)、(1)(8)、(2)(5)、(1)(8)番人気で決着。2着に伏兵馬が食い込むいわゆる“ヒモ荒れ”となっているが、最高配当は2018年の5860円と大荒れは起こっていない。

 ステップ(着順)は有馬記念(4、4、2着)組が3連対と好相性。そこで掲示板を確保していればさらに信頼度は高まるが、今年は該当馬がいない。

 年齢別は4~7歳以上馬が4、3、0、1連対。明け4、5歳馬が好走。性別は牡馬が4勝2着3回、牝馬は2着1回のみ。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文622文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集