特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

選手紹介/11 伊藤地宏投手(1年) 「打たせて取る」心がけ /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッチボールをする伊藤地宏投手=茨城県土浦市中村西根の常総学院野球部グラウンドで2021年3月4日、長屋美乃里撮影 拡大
キャッチボールをする伊藤地宏投手=茨城県土浦市中村西根の常総学院野球部グラウンドで2021年3月4日、長屋美乃里撮影

 多彩な変化球を操る1年生の左腕。昨秋の関東大会決勝・健大高崎戦で、高校の公式戦に初登板した。「自分の仕事をするだけ」。少し緊張はあったが3回を3安打1失点にまとめた。

 小学1年の時、父や兄の影響で野球を始めた。小学6年で「千葉ロッテマリーンズジュニア」に選出され、中学では「京葉ボーイズ」に所属。全国大会を4度経験するなど、大舞台の経験は豊富だ。エースナンバーを失ったことは少なかったが、控えに回ってもフォームの改善や走り込みで再起を図るなど、スランプの克服も経験している。

 少年野球時代のコーチが常総学院OBだったこともあり、同校への入学を決めた。

 野球部入部後に目にしたのは、最速140キロ超の秋本璃空(2年)と大川慈英(同)の両右腕。ともに「追いつきたいけど追いつけない存在」だが、特に秋本は「一球一球のテンポが速く、試合の守備や打撃の流れを作れる」と動きを追っている。

 最速130キロ。高い制球力と、カーブなど切れ味鋭い変化球が武器。「打たせて取るのが自分のピッチング」と自負している。二枚看板の背中を追いながら「1年生らしくがむしゃらにプレーしたい」と意気込んでいる。=つづく


選手データ

▽千葉・久寺家中出身

▽身長170センチ、体重70キロ

▽左投げ、左打ち

あわせて読みたい

注目の特集