特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

飛躍!今年こそ・健大高崎2021センバツ

第3部 選手紹介/中 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
野中駿哉選手=群馬県高崎市で2021年3月9日、川地隆史撮影 拡大
野中駿哉選手=群馬県高崎市で2021年3月9日、川地隆史撮影

二刀流で力発揮 野中駿哉外野手(2年)

 主軸として打線を引っ張りながら、投手として関東大会全試合に先発した二刀流。

 昨秋の県大会決勝の前日、ブルペンで捕手・綱川真之佑(2年)から受けた「ツーシームの落ち方がバラバラだから(変化の仕方を)三つに絞れ」とのアドバイスが奏功し、当日は無失点に抑えた。この試合を機に関東大会でも好投した。

 小6で選ばれた西武ジュニア時代に身につけた、膝をあまり曲げず、上半身を後ろに引く打撃フォームが特徴的だが、赤堀佳敬コーチも「理にかなっている」と見守ってきた。

 冬は野手に専念していたが、2月からは投球練習も始めた。夢舞台に向け、「全力プレーで日本を明るくしたい」と、投打での活躍を誓う。

選球眼チーム一 堀江晃生外野手(2年)

堀江晃生選手=群馬県高崎市で2021年3月9日、川地隆史撮影 拡大
堀江晃生選手=群馬県高崎市で2021年3月9日、川地隆史撮影

 昨秋の県大会、関東大会で打率4割7分1厘を記録したほか、四死球はチーム最多の九つと選球眼も備える。「チャンスメークをしたい」と意気込む。

 入学当初は捕手だったが、得意の打撃を生かすために昨秋の県大会前に外野手に転向した。初めは慣れない守備に苦労したが、自主練習を重ね、外野の動きをたたき込んだ。関東大会決勝の常総学院戦では延長十一回に勝ち越しの本塁打を放った。下半身の強化で課題の変化球への対応もできるようになった。

 ベンチプレスは、チームトップの100キロを上げる。部員のものまねで笑いを取るムードメーカーでもある。高校球児だった2人の兄を持ち、センバツでは家族の気持ちも背負って臨む。

努力で得た打力 森川倫太郎外野手(2年)

森川倫太郎選手=群馬県高崎市で2021年2月24日、川地隆史撮影 拡大
森川倫太郎選手=群馬県高崎市で2021年2月24日、川地隆史撮影

 185センチ、90キロの大型スラッガー。昨秋の関東大会からレギュラーの座をつかみ、「チームを勝利に導きたい」と意気込む。

 京都府出身で、「自分一人の力でやっていきたい」と遠く離れた健大高崎に入学した。「打撃はずっと独学だった」が、赤堀佳敬コーチに基礎をたたき込まれた。血のにじむような努力の結果、昨夏ごろにノーステップの打法を完成させた。

 関東大会で、17打数で7打点を挙げた長打力が強み。同大会決勝の常総学院戦で、七回に相手の打球が自らの頭上を越えるヒットになり、逆転されたことから、守備力の向上にも取り組んでいる。センバツに向け、「流れや空気を変える本塁打を打ちたい」と力を込める。

本格派146キロ右腕 今仲泰一投手(2年)

今仲泰一選手=群馬県高崎市で2021年2月16日、川地隆史撮影 拡大
今仲泰一選手=群馬県高崎市で2021年2月16日、川地隆史撮影

 最速146キロの直球を投げる本格派右腕。昨秋はけがに苦しんだだけに、「支えてくれた人に結果で恩返ししたい」と、センバツにかける思いは強い。

 1年秋からベンチ入りしていたが、昨年8月に肘をけがした。痛みを押して出た昨秋の県大会は2登板にとどまり、準々決勝の前橋育英戦で「限界が来た」という。

 「けがをしてくさるくらいなら、野球をやめた方がいい」。自分にそう言い聞かせ、冬は球を握らずに下半身の強化に努めた。2月には直球が143キロに戻り、「今は野球が楽しい」と話す。

 センバツで完全復帰となるか。「甲子園出場は、みんながつかんでくれたもの。応援してくれる人に成長した姿を見せたい」

変化球を自在に 金子茉由投手(2年)

金子茉由選手=群馬県高崎市で2021年2月24日、川地隆史撮影 拡大
金子茉由選手=群馬県高崎市で2021年2月24日、川地隆史撮影

 直球の最速は130キロながら、多彩な変化球を操る。「いかに直球を速く見せるか」。それが鍵になる。

 2012年のセンバツで4強入りした健大高崎のエース、三木敬太さんに憧れて入学を志した。少年野球チーム「高崎ボーイズ」から同校に進む選手が多く、自宅がある太田市から片道1時間以上かけて練習に通った。

 スライダー、カーブ、左右のチェンジアップ、カットボールなどを投げ分け、青柳博文監督から「七色の変化球を操る技巧派」と評される。昨秋の県大会準々決勝では3回を被安打2に抑えた。

 冬の間は、直球のスピードを上げることに専念した。「甲子園で投げる機会があれば、ゼロに抑えたい」と力を込める。

抜きんでる強肩 清水叶人捕手(1年)

清水叶人選手=群馬県高崎市で2021年3月9日、川地隆史撮影 拡大
清水叶人選手=群馬県高崎市で2021年3月9日、川地隆史撮影

 強肩が武器の1年生捕手。「メンバーに選ばれたからには、できることをやっていきたい」と意気込む。

 少年野球チーム「高崎ボーイズ」出身。同チームの久保田海斗・中学部監督も「肩の強さが抜きんでている」と話す。赤堀佳敬コーチから打撃の指導を受けたいとの思いで健大高崎に入学した。

 尊敬するのは、小学校時代から知っている捕手の戸丸秦吾前主将。「肩が強いだけでなく、投げる時の足の運びもうまい」

 代打で出場した昨秋の県大会準決勝では、緊張して空振り三振に。その反省から、練習では本番を意識してバットを振り込んでいる。甲子園に向け、「ブルペン捕手として投手に的確なアドバイスをしたい」と語る。

あわせて読みたい

注目の特集