特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

春に挑む・東海大菅生センバツへ

選手紹介/18止 藤井颯太外野手(1年) 自分の役割見据え /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
拡大

藤井颯太(そうた)外野手(1年)

 「外野手」だが、センターのほかにショートも守り、ときには救援として投手もこなす万能選手だ。

 「一番好きなのはショート。だが、甲子園で1イニングでも(エースの)本田(峻也)さんを休ませられるようにしたい」と話す。打撃練習に加え、投手向けのランニングのメニューもこなす。

 自信がある球はスライダー。以前はむしろ苦手な球種だったが、2歳上で今春卒業した兄翔(かける)さんから握り方を指導されて切れが良くなり、よく投げるようになった。

 兄は昨年夏の西東京大会や東西対抗戦に登板し東京一に貢献した投手。兄たちの分まで甲子園で活躍したいと願っている。

 メンバーに選ばれたことは、兄をはじめ周囲の人たちにまだ報告していない。「(出場選手18人の中で背番号が)18番なので。喜んでいるという感じではないです」。気を緩めず、自分の役割を果たすことに集中している。【林田奈々】=おわり


 「1試合でも多く、貢献したい」。右投げ右打ち。173センチ72キロ。

〔都内版〕

あわせて読みたい

注目の特集