飯塚・ホーケントウ古墳 石室への墓道確認 6世紀前半の首長墳の可能性 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
墓道が確認されたホーケントウ古墳の後円部
墓道が確認されたホーケントウ古墳の後円部

 飯塚市教育委員会は、同市平塚の前方後円墳「ホーケントウ古墳」で、石室に通じる墓道を確認したと発表した。土器の出土状況などから6世紀前半の築造と推定され、規模から首長墳の可能性が高いという。市教委は「当時の地域社会を明らかにする上で大変貴重な史料」としている。

 この地域は、国の特別史跡で装飾古墳として知られる王塚古墳(桂川町)など前方後円墳が7基あり、首長級の古墳が継続的に築造された地域として注目されてきた。ホーケントウは、王…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

ニュース特集