賭けマージャン 黒川氏、一転略式起訴へ 東京地検「起訴相当」議決受け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言中に新聞記者らと賭けマージャンをしたとして告発された黒川弘務・元東京高検検事長(64)について、東京地検特捜部は、来週にも賭博罪で略式起訴する方針を固めた。関係者への取材で判明した。いったん不起訴処分(起訴猶予)としていたが、検察審査会の「起訴相当」議決を受けて再捜査し、方針を転換した。

 2020年12月の東京第6検察審査会の議決によると、黒川氏は20年4月13日~5月14日に産経新聞記者宅で計4回、記者ら3人と、1000点を100円に換算する「点ピン」で賭けマージャンをしたとされる。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文545文字)

あわせて読みたい

ニュース特集