特集

第3回全国高校eスポーツ選手権

eスポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

大阪府立大高専主将、納得の準V 「悔いない」 高校eスポーツ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第3回全国高校eスポーツ選手権のロケットリーグ部門の決勝で、大阪府立大高専と対戦するN高の選手たち=東京都豊島区で2021年3月13日、手塚耕一郎撮影 拡大
第3回全国高校eスポーツ選手権のロケットリーグ部門の決勝で、大阪府立大高専と対戦するN高の選手たち=東京都豊島区で2021年3月13日、手塚耕一郎撮影

 高校対抗で対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第3回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社など主催、サードウェーブ共催)の決勝大会が13日に開幕した。初日は3人対3人のサッカーゲーム「ロケットリーグ」部門があり、N高(沖縄)が決勝で大阪府立大高専(大阪)を3―0で降して同部門初優勝した。

   ◇

 大阪府立大高専の主将、「kazuryu(カズリュウ)」こと多胡(たご)和馬さん(3年)は惜敗したN高との決勝を振り返り「ジャンプもシュートも、すべてにおいてN高が上だった」と冷静に語った。

 強豪N高に勝つため、毎日5、6時間練習し決勝大会に臨んだ。特に多胡さんにとっては、友人でライバルでもあるN高主将、「tetu(テツ)」こと、大津哲郎さん(3年)は負けたくない相手だった。

 決勝は第1ゲーム序盤から苦しい展開になった。多胡さんがゴール枠内に放ったシュートをN高は連係しながら何度も防いでいく。守備力の高さに圧倒され、カウンターで先制点を許した。

 ただ、府立大高専は諦めなかった。先制された直後、多胡さんがこぼれ球を押し込み同点弾を放つ。1点を取られ、第1ゲームを落とすが、1点差と迫ったことで自信をつけた。

 第2ゲームも3―1から残り2秒で1点を返し、意地を見せた。第3ゲームも落とし、結果はストレート負けとなったが、多胡さんは言い切った。「tetu君の背中を追いかけて成長してきた。決勝で納得いくプレーができたので悔いはない」【杉本修作】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集