特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

2年越しの春へ・県岐阜商

センバツ選手紹介/5 1年生内野手 打撃フォームを改善 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1年生内野手。前列左から田原一朗、長屋航汰、井上龍都選手。後列左から倉田篤樹、河合福治、吉田翔映、内藤大輔選手=岐阜市長良福光の長良川球場で2021年3月4日、熊谷佐和子撮影 拡大
1年生内野手。前列左から田原一朗、長屋航汰、井上龍都選手。後列左から倉田篤樹、河合福治、吉田翔映、内藤大輔選手=岐阜市長良福光の長良川球場で2021年3月4日、熊谷佐和子撮影

 内藤大輔 昨秋にベンチ入りし、秋季県大会のシード校を決める地区予選に1番で出場し、出塁できず一回で交代。「塁に出て試合をかき回せる1番打者になりたい」と、悔しさを胸に練習に励む。

 長屋航汰 三塁手。負けず嫌いな性格で、「レベルの高いチームで自分の実力を試したい」と強豪校の門をたたいた。兄の柊汰(3年)は昨年、マネジャーを務めた。

 井上龍都 中学時代はシニアチームで、県岐阜商OBでプロ野球元中日の和田一浩さんの指導を受けた。「抜けそうな当たりもさばける」守備力の高さが自慢。

 吉田翔映(しょうえい) 野球部OBの父と、姉2人が県岐阜商の卒業生。「強い打球を遠くに飛ばしたい」と、175センチ60キロの体重を80キロまで増やすため、1日5、6食を食べている。

 田原一朗 三塁手。関市のバッティングセンターに通い、打撃フォームの改善に努める。「高打率で長打もある3番打者」が目標。

 河合福治(ふくはる) 遊撃手。「練習量をこなして自分に合った打撃フォームを見つけたい」と、自宅で父の協力を得ながらティー打撃に取り組む。プロ野球オリックスの吉田正尚選手の打ち方を参考にしている。

 倉田篤樹 一塁手。守備で球を捕る時「両手でしっかりキャッチする」課題克服のため、自宅の壁でゴロの捕球を練習。中津川市出身で、今は岐阜市の祖父母の家で暮らす。祖父の作るマーボー豆腐が好物。(敬称略)=随時掲載

あわせて読みたい

注目の特集