連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

世界観、思春期に形成 世代交代が社会変える=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=幾島健太郎撮影
=幾島健太郎撮影

 元首相で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長をしていた森喜朗氏が、「女性がたくさんいる会議は時間がかかり過ぎてよくない」といった内容の発言をし、それが問題視されて辞任した。

 発言の内容が事実なのかも問題だし、みんながたくさん発言して議論が沸騰し、時間がかかることはそもそも悪いことなのか、というのも問題である。ともかく問題だらけなのだが、ここでは少し異なる角度から考えてみよう。それは、個人の世界観がいつ、どのようにして形成されるかだ。

 立憲民主党の枝野幸男氏が国会で、森氏の先の発言に関し「昭和に生きているようだ」と言った。それはその通りなのに違いない。というのも、個人の基本的な世界観や人間観は、思春期から20歳ごろまでに作られるらしいからだ。

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1714文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集