連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

深みある草彅主演「ペペロンチーノ」 押しつけでなく人間愛を伝え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
草彅剛 吉田羊
草彅剛 吉田羊

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 東日本大震災から10年。各テレビ局は通常のニュースにとどまらず、数多くの特集を組み特別番組を編成した。1995年に起こった阪神大震災からしばらく、若き未熟なディレクターとして日々、震災情報を伝えていた私が今痛感するのは、伝え続けることの難しさと、人々の心に真摯(しんし)に寄り添うことの大切さだ。テレビにはこれからもニュース・報道番組はもちろん、ドラマや討論番組など幅広い形で、ぜひ継続して変わらず震災と向き合ってほしい。

 6日に放送された宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」(NHK BSプレミアム)が柔らかくしみた。主演は、先だって映画「ミッドナイトスワン」で第63回ブルーリボン賞主演男優賞に輝いた草彅剛だ。放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」も、徳川慶喜役での存在感が光っている。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文763文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集