えちごトキめき鉄道の新駅開業 「えちご押上ひすい海岸」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地元の高校生から運転士へ花束が手渡された=新潟県糸魚川市押上2で2021年3月13日午後3時6分、石塚誠撮影
地元の高校生から運転士へ花束が手渡された=新潟県糸魚川市押上2で2021年3月13日午後3時6分、石塚誠撮影

 えちごトキめき鉄道で22カ所目の駅となる新駅「えちご押上ひすい海岸」(新潟県糸魚川市押上2)が13日、日本海ひすいラインの糸魚川―梶屋敷間に開業した。

 同駅ではこの日、記念式典があり、トキ鉄の鳥塚亮社長や米田徹市長、花角英世知事らが出席。同駅近くの市立糸魚川東小学校6年生らが校歌などをブラスバンドで演奏した動画が披露され、出席者らは大きな拍手を送っていた。

 午後3時すぎに上り列車が入線。県立糸魚川高校の生徒が運転士へ花束を贈った。駅長らとともに米田市長が合図を送ると、列車が警笛を鳴らして出発。地元の人らが「祝開業おめでとう えちご押上ひすい海岸」と書かれたボードを掲げて見送った。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集