恐竜の「頭骨」間近で触って 3D模型展示 和歌山・海南

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3Dプリンターで再現されたティラノサウルスの頭骨模型に触れる子どもたち=和歌山県海南市民交流施設で2021年3月13日午前10時44分、新宮達撮影
3Dプリンターで再現されたティラノサウルスの頭骨模型に触れる子どもたち=和歌山県海南市民交流施設で2021年3月13日午前10時44分、新宮達撮影

 3Dプリンターで製作した恐竜や動物の頭骨模型に触れることができる展示「飛び出す3D図鑑」が13日、和歌山県海南市民交流施設(海南ノビノス)で始まった。19日まで。

 博物館向けに生き物の模型を作っているアンフィ合同会社(紀美野町)が主催。米スミソニアン博物館の公開データを基に、約190パーツを組み合わせて肉食恐竜のティラノサウルスの頭骨(…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集