名古屋ウィメンズマラソン、松田瑞生が初優勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする松田瑞生=バンテリンドームナゴヤで2021年3月14日、兵藤公治撮影
1位でフィニッシュする松田瑞生=バンテリンドームナゴヤで2021年3月14日、兵藤公治撮影

 国内主要レースの一つである名古屋ウィメンズマラソンは14日、名古屋市のバンテリンドームナゴヤを発着点とするコースで行われ、東京オリンピック女子マラソン代表補欠の松田瑞生(みずき、25)=ダイハツ=が2時間21分51秒で初優勝した。レースは13キロ手前から松田と佐藤早也伽(さやか、26)=積水化学=の一騎打ちとなった。強風に悩まされる難しいコンディションの中、22キロ過ぎにペースアップした松田が、そのまま逃げ切った。

 佐藤が2時間24分32秒で2位、松下菜摘(天満屋)が2時間26分26秒で3位。ともに招待選手の岩出玲亜(千葉陸協)は16位、小原怜(天満屋)は18位だった。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文795文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集