ゴキブリに寄生する冬虫夏草の新種確認 世界で3種目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遺伝子(写真はイメージ)=ゲッティ
遺伝子(写真はイメージ)=ゲッティ

 南西諸島などの森林にすむクチキゴキブリに寄生してキノコを生やす「冬虫夏草(とうちゅうかそう)」が新種であることを確認したと、琉球大などの研究チームが国際菌学連合の学術誌に発表した。ゴキブリに寄生する冬虫夏草の確認は国内初、世界でも3種目だという。

 冬虫夏草は「子(し)のう菌」の仲間で、昆虫などに寄生する菌類の総称。宿主(生きた昆虫)に感染して、体内で増殖を続けてキノコに成長し、胞子を放出して別の宿主に感染する。ニイニイゼミの幼虫に寄生する「セミタケ」など世界で数百種以上が知られ、漢方薬として使われる種もある。

 研究チームによると、沖縄県国頭村(くにがみそん)や鹿児島県屋久島町、宮崎県延岡市の野外調査で、森林の朽ち木にすむクチキゴキブリの仲間「タイワンクチキゴキブリ」と「エサキクチキゴキブリ」から、それぞれキノコが発生しているのを見つけた。DNA配列の解析などの結果、それぞれから見つかった菌が同一の新種であると確認された。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文686文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集