震度5弱の和歌山・湯浅町で中学校の校舎にひび けが人情報なし

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和歌山県湯浅町の庁舎(奥)=高橋祐貴撮影
和歌山県湯浅町の庁舎(奥)=高橋祐貴撮影

 15日午前0時26分ごろ、和歌山県で最大震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源は同県北部で、震源の深さは4キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・6と推定される。津波は発生しなかった。けが人などは確認されておらず、県内を運行するJR西日本や南海電鉄にも影響は出ていない。

 震度5弱を観測した同県湯浅町の広報担当者は「自宅で寝ようとしていたら…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集