広島・宮島の入島税条例案可決 観光客に100円 廿日市市議会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮島にある世界遺産の厳島神社では、大鳥居の改修工事が行われている=広島県廿日市市宮島町で2020年11月6日午前9時47分、宇城昇撮影
宮島にある世界遺産の厳島神社では、大鳥居の改修工事が行われている=広島県廿日市市宮島町で2020年11月6日午前9時47分、宇城昇撮影

 広島県廿日市(はつかいち)市議会は15日、世界遺産・厳島(いつくしま)神社がある宮島(同市)の観光客から集める入島税「宮島訪問税」の導入条例案を、賛成多数で可決した。島に渡るフェリー代に1人100円上乗せして徴収する。2023年度の導入を目指し、5年間で計約15億円の税収を見込む。

 入島税は、総務相の同意があれば自治体が独自に徴収できる。伊是名(いぜな)など沖縄県の離島4村が既に導入しているが、公平性を保つため…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集