名古屋ウィメンズ2位・佐藤早也伽 「自己新達成できず悔い」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋ウィメンズマラソンを前に、記者会見でレースへの決意を見せる(左から)佐藤早也伽、小原怜、松田瑞生、岩出玲亜=名古屋市内のホテルで2021年3月12日午後3時29分(代表撮影)
名古屋ウィメンズマラソンを前に、記者会見でレースへの決意を見せる(左から)佐藤早也伽、小原怜、松田瑞生、岩出玲亜=名古屋市内のホテルで2021年3月12日午後3時29分(代表撮影)

 前回の名古屋ウィメンズ以来となる2度目のマラソンで2位と健闘した佐藤早也伽は「今日は風が強かった。自己ベスト(2時間23分27秒)を出したいという思いでスタートラインに立った。達成できず、悔いが残るレースだった」と振り返った。

 序盤から積極的に先頭集団でレースを進め、中間点までは優勝した松田と一騎打ちとなった。22キロ過ぎに松田から引き離され、「すごいき…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集