名古屋で優勝の松田瑞生 復活の裏に新たな「相棒」の後押し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュして涙する松田瑞生=バンテリンドームナゴヤで2021年3月14日、兵藤公治撮影
1位でフィニッシュして涙する松田瑞生=バンテリンドームナゴヤで2021年3月14日、兵藤公治撮影

 名古屋ウィメンズマラソンは14日、名古屋市のバンテリンドームナゴヤを発着点とするコースで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(25)=ダイハツ=が2時間21分51秒で初優勝した。

 涙の東京オリンピック代表落選から1年。1年2カ月ぶりのフルマラソンで松田が力強く復活を告げた背景には、新たな「相棒」の後押しがあった。

 松田は外反母趾(ぼし)があり、大阪薫英女学院高の頃から、多くのトップ選手をサポートしてきた靴職人、三村仁司さん製作の「非厚底シューズ」を愛用してきた。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文748文字)

あわせて読みたい

注目の特集